Profile
宮本まさのぶ
Miyamoto Masanobu

DesignerM 代表の 宮本まさのぶ です。

着物屋に就職し、芸術の美しさを知りました。

そこから他の職業に転職し、一旦は、芸術の世界から離れ、多くの体験をしてきました。

その中で「 生きる輝き 」を感じられるようになりました。
それは、音で例えると、繊細な高音域の振動で、とても心地よさを感じます。

ときには、うっすら光ってるようにも感じます。

大空のその先にある宇宙へ思いを馳せるとき、同じような感覚を感じました。

自分や他の人にも、想像を超える大きな宇宙があり、感覚を感じられるようになりました。

デザイナーの道を目指すようになり、その感覚を表現したいと思いました。

今では、アクセサリーの中に、絵の中に宇宙を感じます。

そして、制作することで、もっと大切なことは、アクセサリーを身に着けた人、絵を飾った人がより輝けるということです。

「喜び、笑顔」

もっとも輝ける瞬間へ…
いつもなれるように願いを込めて…

これからも、心から全力で、制作に取り組んでいきます。

■直接、芸術に触れる
大学卒業後は、着物に関係する仕事に就職
作家や作品と出会い(久保田一竹の辻が花、赤富士など)芸術を学ぶ。

■デザイナーへ転職
アパレルから他の職につき、デザイナーへ転職、ネットショップ、ホームページの制作などのデザインを手掛ける。

■デザイナーから絵描きへ
デザイナーの傍らで絵も描き始める。

■アクセサリーの制作へ
美しく輝き、自由にイメージを表現できるレジンアクセサリーの魅力に引き込まれ、アクセサリーを制作するようになる。

■2021年寅年
『れいわdeねんが様』より、寅年年賀状コンテストで採用が決定 https://reiwadenenga.jp/